鼻炎薬を飲まずに症状を緩和させる

*
薬ばかりに頼りたくなる花粉症ですが、実は食生活の改善やサプリの摂取でも症状を緩和することが出来るんです!副作用の眠気に耐えるのがツライと思っているなら、騙されたと思って一度試してみて下さい!

薬なしで妊娠中の花粉症をやわらげる方法

妊娠中の花粉症対策

妊娠中の花粉症。これはとてもつらいことです。普通の状態なら、薬を飲むことである程度の症状改善が可能になりますが、妊娠していることで、思うように薬が飲めないことも多いです。もし、妊娠中に花粉症の症状がでてしまったら、迷わず主治医に相談をしてください。

薬が処方されることもあり、この薬だけはしっかり飲んでも大丈夫です。しかし、自己判断で薬はやっぱりダメと飲まずにいることで、ますます苦しくなりますので、主治医が出す薬なら平気と思うことも大切です。

毎日の生活で症状を和らげる方法として、ヨーグルトを食べてみましょう。それも毎日食べることで、腸内に善玉菌をたくさん増やします。つわりでヨーグルトがつらい場合は、乳酸菌サプリでもOK!妊婦に多いと言われる便秘の解消も期待できますし、体の免疫力を上げることになります。

もともと花粉症も免疫不全がひとつの原因とされています。腸内環境がよくなるので、免疫力が自然と上がっていき、花粉症の症状が軽くなっていくとされています。薬や点鼻薬は使いたくない方も多いですが、それなら花粉を吸い込まない防衛手段として、質の良いマスクを使用してみましょう。

とにかく花粉の季節には、必ずマスク。これだけでも、症状を和らげる事ができると言います。もちろん家の中に花粉を持ち込まないよう、掃除などはまめに行うことです。その時にはしっかりとマスク着用で、乗り切ってみてください。

とにかく我慢というのも一つの手ですが、くしゃみなどが連続してしまう場合、お腹が急に張ってしまうなどトラブルも起きてしまうとされていますので注意しましょう。

花粉症による皮膚の痒みと緩和法

花粉症は、目、鼻、喉といった粘膜に花粉が付着することによって、炎症や痒みなどの症状を引き起こすアレルギーの一種です。粘膜を経由して、花粉が更に体内の奥深くに侵入しますと、血液に運搬されて、全身に行き渡ることになります。体の末端部に進むにつれて、体表にも症状が現れます。その症状のひとつが、皮膚の痒みになります。

花粉症を抱えている場合、粘膜をはじめとする体内への進入路に、強固なバリアを築くことができない状況にあります。そのため、簡単に花粉の侵入を許すことになります。たとえ侵入されたとしても、すぐに払いのける力が備わっていれば問題ないのですが、力不足は否めません。この抵抗力の違いこそが、アレルギーの度合いを示すものになります。

侵入を許してしまった血液中の痒みの成分を、出来るだけ早く体の外へ排出しようとして、体の浄化作用が働き出します。その際に、全身を使った排出が行われます。皮膚の痒みも、その現れに他なりません。

涙、鼻水、くしゃみといった症状は、体内への侵入をできる限り防ごうとするための手段でもあります。そして、体内への侵入後になりますと、皮膚を襲う痒みが、花粉の除去に使われていることになります。

花粉症の痒みを緩和させるためには、出来るだけ体をいたわって、排出をスムーズにさせることが大切になります。睡眠不足や疲労の蓄積などは、排出のパワーすらも低下させ、痒みが皮膚表面に居残る期間を長引かせていくことになります。

薬なしで妊娠中の花粉症をやわらげる方法 関連ページ

花粉症対策の味方!空気清浄機とマスクの使い方
空気清浄機の効果的な使い方 花粉症対策として利用したいアイテムの一つが、空気清浄機です。 サイズもデザインも豊 […]
対処療法ではなく根本的に花粉症を治す方法
体質改善で根本的に治すために ある特定の季節がやってきますと、多くの人達がその対処のために、マスクをしたり、病 […]
注射による花粉症の治療と予防接種
注射を使用した花粉症の治療とその種類 花粉症の治療法はいろいろあります。飲み薬や点鼻薬、食事などいろいろですが […]
花粉症の症状が現れる時期と患者数の割合
春が近づくにつれてどんどん過ごしやすくなってきます。あたたかくなれば、外に出て家族でピクニックなども楽しいです […]
花粉症とアレルギー性鼻炎の違いとメカニズム
花粉症とアレルギー性鼻炎の違い 似たような言葉として、花粉症とアレルギー性鼻炎がよく使用されていますが、この2 […]
花粉症特有の症状と診断チェックリスト
二月ごろになって鼻水が出だしたのであれば、風邪にかかってしまったのかと思ってしまうものです。とても寒い時期でも […]
眠くならない花粉症の薬と注射による免疫療法
花粉症はなった人しか理解できないかもしれませんが、非常に辛いものです。人によって症状は様々ですが、一般的に多い […]