食べ物とサプリで花粉症を撃退!本当に効果のある症状緩和法

*
薬ばかりに頼りたくなる花粉症ですが、実は食生活の改善やサプリの摂取でも症状を緩和することが出来るんです!副作用の眠気に耐えるのがツライと思っているなら、騙されたと思って一度試してみて下さい!

花粉症はヨーグルトで改善できる

つらい花粉症に悩む人は多いですね。どうにか改善したいものですがなかなかそうは簡単にはいきません。薬で抑える人も多いとは思いますが普段の習慣から対策できたら嬉しいですよね。

食品としてはヨーグルトが花粉症にきくということがよく言われています。ヨーグルトに含まれる乳酸菌には整腸作用があります。腸内環境を整えることで免疫機能を正常に保ちアレルギーにも効果的と考えられています。

しかし花粉症の症状がでてから食べてもあまり効果は得られないのです。なる前、または症状の軽いうちにひどくならないよう予防的に食べることで効果があるのです。そして即効性は期待できないので食べる習慣を身につけ続けることが必要です。

即効性はなくても成分はアレルギーに効果のある食べ物であることには変わりありませんので悪化させないために今からでも習慣をつくると良いでしょう。

しかし、どんな物でも効果があるわけではありません。乳酸菌を生きたまま配合しているタイプの方が効果的です。死滅してしまっても増殖することは可能ですがやはり生きた乳酸菌が入ったものの方が効果を期待できます。また空腹状態で乳酸菌をとってまうと腸に届くまでに死んでしまう可能性が高まってしまうのでできれば食後の食べるのがいいでしょう。

また、砂糖が多いと免疫機能に効くビタミンが減ってしまうのでできれば無糖の方がいいですが食べやすいものの方が続けることができるのであまりシビアに考えすぎない方がいいかもしれません。


乳酸菌が免疫力を高めアレルギーに強くする

春になると、必ず花粉が飛び交います。昨今は花粉の飛散量が尋常でなく、花粉症に悩んでいる人の数は、年々増加の一途をたどっています。対策としては、いろんな手法が講じられています。

外出を控えるというのが一番で、ほか、マスク、目薬、市販薬、処方薬、健康食品、サプリメントなど、相当数の対策がとられているのが現実です。そんな中で、注目されているのは、乳酸菌です。

これは、免疫機能を向上させる働きをもっているところから、医学的根拠に基づいているとも言えます。中でも、花粉症におすすめの菌というのがあって、フェカリス菌と呼ばれる菌がよく話題になっています。

なぜいいのかといいますと、他のものより、菌の大きさが5分の1程度と大変に小さいところが評価されているからです。小さいですので、一度にたくさん摂取できます。それだけ、より整腸効果があると期待されているからです。

さらに、フェカリス菌は、もし胃酸によって死滅したとしても善玉菌の餌になりますので、善玉菌を活性化させるのにプラスとなるのです。決して、死滅しても無駄にはなりません。

市販されているヨーグルトには、フェカリス菌入りのものが多いです。また、最近の研究によりますと、乳酸菌にはアレルギーの抑制だけでなしに、虫歯予防の働きもあることがわかってきています。そして、乳酸菌が作り出す乳酸には、カルシウムの吸収を促す役目もありますので、骨も強くなります。

また、フェカリス菌以外のものだと、最近NHKの番組で紹介されたR1乳酸菌という菌種も免疫力の向上を期待できます。とにかく乳酸菌は、花粉症だけでなしに、いろんなメリットが期待できるのが特徴だといえます。

花粉症をやわらげるサプリメント

花粉が飛び始める頃になると鼻水が出たり涙が出たり、人によってはかなり症状が重くなる事もある花粉症ですが、薬を飲むなどといった対策をされている方も多いでしょう。しかし薬はできれば飲みたくないという方も少なくないと思います。そんな方はサプリメントを使って花粉症対策をしてみてはいかがでしょうか。

具体的にどのような成分が含まれたサプリメントが花粉症に効果的なのかというと、まずシソエキスが含まれたものがその一つです。ただしシソエキスといってもシソの実エキスやシソの実油、シソの葉エキスといくつか種類があります。

鼻水や鼻づまり、目の痒み、くしゃみなどの症状がある場合はシソの実エキスを含んだサプリが良いでしょうまた鼻づまりにはシソの実油も効果的です。

そもそも花粉症とは免疫が過剰反応を起こしている状態ですが、それを正常に働かせる効果があるのはシソの葉エキスだと言われています。

シソエキス以外では、アレルギーが引き起こされる原因となっている物質であるヒスタミンを抑制する効果のあるネトルもおすすめの成分です。他にもα-リノレン酸もアレルギー反応を抑える事ができると言われています。

サプリメント以外では甜茶も花粉症に効果的ですし、また免疫力を高めるように心がけるようにすることも重要です。

たとえば腸内環境を改善する事で免疫力がアップすると言われていますので、花粉症に効果的なサプリメントの摂取とともに、ヨーグルトなどの発酵食品を積極的に摂るなどしてみてはいかがでしょうか。

症状緩和や予防に効果のある食べ物

春は暖かく新生活がスタートする明るい季節ですが、花粉症を発症している人には憂鬱な季節と言えます。花粉の種類としてはスギ・ヒノキ・イネ・ブタクサ・ヨモギなど日本各地にあるような植物ばかりで、かなり多くの種類があり1年中何らかの花粉が飛んでいることになります。

花粉という異物が侵入してくると、体はこの花粉と結びつく抗体を作り出します。そして抗体が出来た後に再び花粉が侵入してくると、鼻や目などの粘膜表面にある抗体と結合し、ヒスタミンという化学物質が分泌され、体外へと排出しようとします。このために、くしゃみや鼻水や涙などで排出したり、鼻づまりを起こして体内への侵入を防ごうとします。これが花粉症の不快症状が起こる仕組みです。

花粉症専門の外来窓口を設ける病院も増えていますが、毎年何回も通院したり薬を購入するのは経済的に負担になります。また、天然由来ではない薬も多く継続的に飲むことに抵抗を感じる人もいるため、最近では食べ物によって症状を和らげる方法に注目が集まっています。

りんご

りんごに多く含まれるペクチンは即効性はありませんが、毎日食べることでアレルギーの原因物質を減らす効果があります。

トマト

トマトのリコピンは鼻づまりやくしゃみなどを改善することができますが、生ではなくジュースなどに加工されたものを摂取しましょう。

ヨーグルト

ヨーグルトは腸内の善玉菌を増やし腸内環境を整えてくれますが、継続的に食べることで症状が軽くなります。

ココナッツオイル・ハチミツ

この他にも、海外セレブがダイエットに使用したことで注目されているココナッツオイルやはちみつなど、美容にも良いような食べ物ばかりです。薬を毎日服用するよりも、体にも嬉しい食事で不快な症状を改善していきましょう。